読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魚系男子の気まぐれ日記

子供な僕が日々大人になっていく様子をお届けしたりします。

子連れのお母さんに言いたい。

 

 

ビクビクしながら、

肩身を狭くして

生きなくていいです。

 

 

 

子供は、泣くのが仕事。

遊ぶのが仕事。

そして、迷惑かけるのが仕事。

 

 

そうやって僕も生まれて、

大きくなった。

皆いっぱい、色んな人に迷惑かけながら

育ってるはずなんだ。

 

 

なのに、他人事になると

自分の都合ばかり考える。

 

 

 

 

 

お母さん。

何も恥じる必要はないし

堂々と子供と接してください。

 

一緒にいられるその時間を

めいっぱい大切にして楽しんで

子供と向き合ってください。

 

 

 

少なくとも僕は

全力でそれを笑顔で見守ります。

時には一緒になって遊びます。

 

 

 

だから、どうか。

ビクビクしないで欲しい。

 

 

 

 

子供も、わざわざ迷惑かけようと

してるわけじゃない。

 

ただ、それが迷惑なことだと

わかってないだけ。

 

 

考える頭があるんだから、

闇雲に押さえつけるのではなく

「なぜ迷惑なのか?」を

子供に考えさせるのは親の仕事。

 

 

 

また、迷惑だとわかってやってたとしても

それはかまって欲しい合図。

 

 

子供は、やっぱり寂しい。

お母さんと遊びたい。

かまってほしい。

 

シンプルに、家族と触れ合いたい。

 

 

そんな風に思いながら

でもどうすることもできず

かまってもらえる手段を考える。

 

 

だから、子供が泣き出した時。

急に大きな声を出したり、

暴れ出したりした時。

 

 

ただ怒るんじゃなく、

「どうした?」と聞いてください。

 

 

 

こちらの言うことと

反対のことをしだしても、

怒らないでください。

 

待ってあげてください。

 

 

反発したくなるのは、

愛してほしいから。

 

 

子供は、ただ愛してほしいんです。

 

 

 

子供は、

体こそまだ小さいですが

既に立派に自分で考える頭を

持っています。

 

 

大人よりも人を観察し

感受性も豊かで敏感です。

 

 

だから、信じてください。

子供を信じてください。

 

 

子供は、それに応えて

きっと自主的に物事を捉え

自分の頭で考えて

行動するようになるはず。

 

 

 

だから、

お母さんも、

お父さんも、

周りの人全て、

温かい目で見守ってほしい。

 

 

子供も一人の人間。

僕たちと同じ、

一人の人間なのです。

 

 

 

ってことが、

ふと頭の中をよぎった。

 

 

 

世界がもっと優しくなりますように。

 

 

 

 

終わり