読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魚系男子の気まぐれ日記

子供な僕が日々大人になっていく様子をお届けしたりします。

平等ではないけれど対等

 

 

 

 

男女平等。差別するな。

 

嫌いな言葉です。

 

 

 

 

 

平等ってなんでしょうか。

僕は、『皆等しく、同等の権利・義務・環境を持つ』ことを指すと思ってます。

 

 

しかし、そんなこと可能でしょうか。

僕は無理だと思います。

無理だというより、そもそも人によって千差万別なのに、それを一緒くたにしようという発想が間違いだと思います。

 

 

男性にできることがあれば、女性にできることもある。共通しててきることもある。また、身体的なハンディを持っているかいないか。挙げだしたらキリがないです。

 

 

でも、そんなの人によって対応を変えればいいだけの話だと思います。

人それぞれ事情があります。それを補い合って支え合うのが社会であり人だと思います。

 

 

 

平等ではないけれど対等。

皆等しく“ 人 ”という括りで対等であり、上下も優劣も存在しないと思います。

 

 

立場や環境、性別、年齢、人種。

差こそあれ、根本には人として対等という姿勢を皆が持てば、それで十分だと思います。

 

 

 

 

 

 

終わり