読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魚系男子の気まぐれ日記

子供な僕が日々大人になっていく様子をお届けしたりします。

もう半年


【もう半年】

 

はやいもので、今の会社に入ってから
半年が経ちました。

上半期のまとめをしていなかったので、
この辺で振り返ります。

 

 

 

気付いたことを以下に記します。

 

 

“ 人を好きになること ”
“コミュニケーションの重要性 ”
“ サービス精神 ”
“ 与えることから始まる ”
“ 行動に移すこと ”
“ 自分を大切にする ”
“ 自分と相手に真摯に向き合う ”

 

 


言葉にすると他愛もないですが、
本当に大事なことだと気づきました。

 

 

この半年で

いろんな人と会って
色んな話を聞いて
色んなものを見て
色んなことを感じて

あげるとキリがないので控えますが
刺さったワード第1位はこれでした。

 

 

 

『「こんなことを言ったら嫌われるかも
しれない…」と思うのは、
そんなことで嫌う相手だと自分が
思っているということ。』

 

 

 


刺さりました。

 

 

僕はずっと、嫌われないように、
嫌われないに生きてきました。

でも、それは間違いだったんだと
アドラーを知って気づきました。

それがちょうど一年半前くらいです。

 

 

 

そこから毎日、アドラーを実践し
身についたことやより深く理解できた
こともこの一年半でありました。

しかし、どうも嫌われないように
生きることだけができずに
ずっと心の奥底でモヤモヤしてました。

 

 


そんな時に、ある先輩から頂いた言葉が
上にある言葉です。

自分の中で、複雑に絡まった糸が
するすると解けていく音が聴こえました。

 

 

一本の糸だと思っていなかったものが
全てその言葉で繋がったのです。

まさに目から鱗でした。

 

 

 


そんなこんなで、毎日楽しく生きてます。

まだまだ未熟ではありますが
人との時間を、そして人を大切にし
サービス精神旺盛に
何ができるか?を常に考えながら
誰かの幸せのために生きていけたら
幸せだなぁ、と思います。

 

 

 

 

人が、心と心で通じ合う瞬間は
そうそうないです。

意思疎通でさえも、
言葉を介してしかできない。

だからこそ、人には考える頭があり
触れ合える身体があるんじゃないか。

だからこそ言葉が生まれ
様々なコミュニケーションの手段が
今も生まれ続けているんじゃないか。

自己表現の手段が生まれ続けて
いるんじゃないか。


そんな風に思います。